麩作り一筋、百余年の伝統。

生麩の使い方

STEP1

半解凍できるのがベター

当店の生麩は「冷凍品」です。
カチカチに凍った状態でお届けさせていただきます。
ご使用の際は、解凍させて切っていただくことになりますが、

完全に解凍させてしまいますと、全体がぐにゃ~んとやわらかくなり、

切り口も曲がってしまい、べたべたとくっついてしまいます。
そのため、半解凍の状態で切ることをおすすめしております。

POINT 切るときは包丁を水でぬらして!

生麩の表面を指で押してみて少しだけ弾力が出てくる程度で切る!

*完全に解凍すると、
 まっすぐに切るのが難しくなります。

STEP1

半解凍できるのがベター

生麩は、自然解凍後そのまま召し上がると、少し固い食感になりますので、
熱を加えてからお召し上がりくださいませ。
なお、生麩には「もち粉」が含まれておりますので、
軽く加熱する程度でやわらかくなります。
熱を加えすぎると、ふくらんで形が変形してしまうこともありますので、ご注意ください。

POINT 切るときは包丁を水でぬらして!

あらかじめ切って冷凍しておくと使いたいときに使いたいだけ解凍できて便利

STEP1

余ったら密封して冷凍!

一度に使い切れなかった生麩は、ラップやチャック付ポリ袋等でしっかり包んでから
再冷凍しても大丈夫です。

POINT 使う分だけ用意して!

あらかじめ切って冷凍しておくと使いたいときに使いたいだけ解凍できて便利

*生麩は冷凍、解凍を繰り返すごとに
 美味しさが損なわれてしまいます。

生麩のお召し上がり方

生麩本来のお味を楽しんでいただくために
まずはシンプルなお料理でお召し上がりください。

お刺身

生麩を0.5‐1cm位の厚さに切り、
お湯でさっと茹でて氷水で冷やします。
山葵醤油やドレッシングで
お召し上がりください。

照り焼き

生麩を1‐1.5cmの厚さに切り、
フライパンにサラダ油をひき
中火で両面がきつね色になるまで焼き、
たれを絡めます。
たれ:醤油、酒、みりん 各大匙1、砂糖 少々

磯辺焼き

生麩を1‐1.5cmの厚さに切り、
適当な大きさの海苔を巻きます。
フライパンにサラダ油をひき
きつね色になるまで両面を焼きます。
付けだれはお好みで、
お召し上がりください。

天ぷら

生麩を1cm位の厚さに切り、
天ぷら用の衣につけて揚げてください。
天つゆやお塩でお召し上がりください。