今月のおすすめ品 北の麩本舗 トップページ

 ◆知って得する麩のお話

■麩の流れ
麩は大和朝の時代に中国から禅僧の手によって伝わったと
いわれ、奈良時代(710〜794年)頃から日本でも作られ
るようになりました。当時は小麦粉を水で練り、棒状の固
まりにして茹でるだけでしたが、後に水で洗うと良質のタ
ンパク質を取り出せることが発見され現在の生麩が誕生。
更に後年になると保存が利く焼麩が作られるようになり、
日本全国の食卓でおなじみの食品となったわけです。また
生麩のもちもちとした食感はさまざまなお料理やお菓子な
どにも手広く利用され、近年はその低カロリーさにも注目
が集まっています。

■食べ方いろいろ
麩は日本料理に用いるイメージがありますが、中華風の炒
め物や揚げ物などにもよく合いますし、彩りのよい生麩を
サラダなどの洋風料理に入れるのもおすすめです。日々の
お総菜にも手軽に利用できる食材ですので、いろいろなア
レンジ料理をお試しください。

前へ戻る     トップページへ